イチオシ情報局, 人気の熱帯魚アロワナ

人気の熱帯魚アロワナ

アロワナ、かなり大型の古代魚ですが、なんといってもその美しさと荘厳さにおいては群を抜いている魚です。他の熱帯魚とは同等に扱うこともできないほど威厳と迫力のある魚であることは誰もが認めることです。

このアロワナですが淡水魚でありながら、不思議なことに世界各地に分布しています。南米に生息する『シルバーアロワナ』『ブラックアロワナ』とオーストラリアに生息する『スポッテッッドバラムンディ』『ノーザンバラムンディ』とインドネシア、マレーシアに生息する『アジアアロワナ』の五種類が存在します。

どれもよく似た形ですが、その性質や色などは生産地によってずいぶん異なりますし、人気のあるなしも捕獲される地域によって大きく異なります。

これらの世界の熱帯の人気の魚であるアロワナなのですが、美しさで人気のアジアアロワナなどの野生種は現在、日本では買うことも売ることもできません。

アジアアロワナは美しく、もともと生息地域が狭かったので個体数が少なかったことも災いして、観賞用の乱獲であっという間に絶滅の危機にさらされました。

このため、今ではアジアアロワナは一切の捕獲そのものが禁止されています。密漁と密輸も相変わらず横行しているようですが、発見されればかなり厳しい罰金を払ったり、国によっては禁固刑になったりします。

アジアアロワナはもう幻の魚なのでしょうか?だいじょうぶ、じつは日本のペットショップで買うことができるのです。どうしてでしょうか?

そうした危機的な状況が訪れる少し前にアジアアロワナの希少価値に目をつけたのは東南アジアの華僑たちでした。彼らの手によってアジアアロワナの養殖が始まり、大量生産とは行きませんが、日本にもコンスタントに輸出されるようになりました。

絶滅の危機から救い出すだけではなくて、養殖が成功してよかったことが他にもあります。それは純血種と呼ばれる美しい種類が選んで増やされていったために、それまで手に入りにくかった全身金色の美しい個体が確実に手に入るようになったことです。

アジアアロワナにはどのような種類や色のバリエーションがあるのでしょうか?その色の違いから5種類のものがあります。一番人気は全身金色の『過背金龍(マレーシアゴールデン)』ですが、そのほかには『紅尾金龍(インドネシアゴールデン)』『青龍(グリーンアロワナ)』『黄龍(バンジャール)』、そして『紅龍(スーパーレッド)』があります。

もちろん、養殖魚と密漁された天然魚を見分けるためのマイクロチップの埋め込みなど、この養殖には大変な手間がかかっています。

ペットショップで正規に買うことができるといっても、このように生産が大変なアジアアロワナだけあって、人気の過背金龍などは30万円をくだらない高級魚です。でも、値段は関係ないと思わせてくれる魅力をもつ魚であるのは冒頭に述べたとおりです。
アジアアロワナを安く購入しよう。

| Comment(0) | TrackBack(0) | イチオシ情報局 TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。