イチオシ情報局, ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸と言う言葉はみなさんご存知だと思います。最近ではアンチエイジングを歌ういろんな化粧品などに入っていますね。ではどんなものか具体的にご存知ですか?

ヒアルロン酸は複合糖質からなる生体高分子で、生体内の細胞間に存在してグリコサミノグリカンとしてさまざまな機能を発揮している。こう聞いてもわかりませんよね(^^;)。

ちょっとちょっと、逃げないでください。(^^;)そうですね、もっと簡単に言います。ヒアルロン酸は身体の中でクッションの役をする、糖質でできた成分の一種です。これでいいですか?クッションですから、多い場所と少ない場所があります。

鶏のとさかを触ったことありますか?あるいは中華料理でかじったことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。プルプルしているでしょう?あそこにはたくさんのヒアルロン酸が含まれています。人間の身体では皮膚、関節や眼球の中にたくさんあります。

ヒアルロン酸は牛の目の硝子体から1934年にアメリカのコロンビア大学で抽出されました。

ギリシャ語のHyaloid(硝子体)、多糖体の構造単位であるUronic acid(ウロン酸)を組み合わせて、Hyaluronic acid(ヒアルロン酸)と命名されました。その後、1986年には多糖体の国際命名法により「Hyaluronan(ヒアルロナン)」という言葉が導入されています。

アンチエイジングの化粧品の成分表を見ると、最近ではヒアルロン酸がことごとく含まれています。健康食品、医薬部外品の添加物としても良く含まれています。

年をとると皮膚にみずみずしさがなくなり、薄くなってしわが増えていきます。そういう皮膚をムチムチの赤ちゃんの皮膚と比べたときにがっくり減っているのがヒアルロン酸なのです。それを補充すればアンチエイジングってわけですね。

というわけで、保水力に優れるヒアルロン酸は、皮膚の潤いを保つための化粧品なら何でも、化粧水、スキンクリーム、入浴剤などに配合されているのですね。しわができないぷるぷるでつやつやの素肌と言うわけです。

化粧品でのアンチエイジングばかりが目立つヒアルロン酸ですが、実はそれ以外の分野でも、特に医療応用で大変役に立っているのです。

関節機能改善剤、眼科手術補助剤、点眼剤などには純度の高い高価なヒアルロン酸が使用されています。他にも癒着防止剤、創傷治癒剤などとしても応用されています。

でも実は、美容整形分野がヒアルロン酸を多用しています。そうです、アンチエイジング手術として、ヒアルロン酸の皮下注入するのです。簡単で効果的なので人気が高いみたいですよ。
アンチエイジングのサプリを摂るならフラーレン コエンザイム Q11

| Comment(0) | TrackBack(2) | イチオシ情報局 TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

無料サンプル
Excerpt: サンプル情報など
Weblog: サンプルナビ
Tracked: 2007-04-24 13:12

三日で90万(笑)
Excerpt: 少し前までドウ○イだったのに、今ではセッ○スで生活してます(笑)
Weblog: たけちゃん
Tracked: 2007-06-03 19:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。