イチオシ情報局, ジャニーズジュニアになるには

ジャニーズジュニアになるには

ジャニーズ事務所といえば、現代の日本では今や男性アイドルの事務所としては向かうところ敵なしのトッププロダクションです。SMAP・TOKIO・KinKi Kids・V6・嵐・KAT-TUN等、彼らをテレビで見ない日はありません。すごい面々ですよね。

ジャニーズ事務所ができたときにはこの名前はありませんでした。というか、事務所自体に何も名前がなかったのです。ところが、それまで渡辺プロに所属していたダンス集団「ジャニーズ」がいる事務所ということで、こう呼ばれるようになりました。

でも、たとえば「ジャニーズ系」の言葉にもその地位が表れているように、今や国民でこの名前を知らない人のほうが少ないのではないかというトッププロダクションです。

トッププロダクション、ジャニーズ事務所は、ジャニーズジュニアという名目の研修生の育成に力を入れていることで有名です。

ジャニーズジュニアに入れば、日曜日の午後にレッスンを受け(学生であれば学業との両立は必須事項です。)、さらにドラマや映画のオーディションにもチャンスがあれば挑戦できます。

驚いたことにジャニーズジュニアのトレーニングは研修生から一切費用を徴収しません。また、毎週のレッスンには参加するもしないも個人の意志です。

ジャニーズの練習生ですから基本的にダンスが中心のレッスンですが、木村拓哉をはじめとした先輩たちの活躍もあり、演技トレーニングにも力を入れだしたそうで、総合的なレッスンが受けられそうです。

ジャニーズジュニアの最大の魅力は、代表のジャニー喜多川さんに見初められれば一気にメジャーデビューがありうると言うことです。

通称の呼称でちょっと古めかしいのですが(笑)、「合宿所」とは、認められたジャニーズジュニアのメンバーが呼ばれる、タレント専門のマンションのことで、ここにはジャニーズのタレントたちが寝泊りしています。

ではこのジャニー喜多川が直接見てくれるジャニーズジュニアに入るにはどうすればいいのでしょうか?公開オーディションでもあるのでしょうか?

ジャニーズジュニアへの応募はジャニーズ事務所への履歴書の郵送から始まります。それで見込みがあれば選考会に呼ばれます。

送りつけた履歴書では主に容姿やアピールで選ばれるようですが、ダンス経験なども誇れるものがあればエクストラの評価はあるでしょう。そして選考会では礼儀や社会常識も大事な基準のようです。社会人としてのデビューですから当然でしょうね。

| Comment(0) | TrackBack(0) | イチオシ情報局 TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。