イチオシ情報局, エッセンシャルオイルの取り扱い

エッセンシャルオイルの取り扱い

エッセンシャルオイルと言う言葉はご存知ですか?アロマセラピーで有名になりましたが、さまざまな植物から取り出した香りの成分のことです。

エッセンシャルオイルの持つ力はヨーロッパではアロマセラピーが医療資格を持つ人によって施されることからわかるように、強力なものがあります。

エッセンシャルオイルの抽出方法はさまざまです。加熱だったり圧搾だったりそれは材料に応じて変化するのですが、特にジャスミンのように花びらからとる場合は大量の花びらを消費する必要があります。

そのようにたくさんの植物を必要とすることから、花びら系のジャスミンのエッセンシャルオイルなどは非常に高価です。高価なのが当たり前なのです。

エッセンシャルオイルと呼んでいいのは伝統的な手法で抽出された天然成分100%のものだけなのですが、キャリアオイルに香りの成分だけをつけたものが「アロマオイル」と称して売られていたりします。安物買いに気をつけてください。効果は比べ物になりません。

ジャスミンエッセンシャルオイルは、それでは実際のところはどのような用途に用いられるのでしょうか?

ジャスミンの原産地はスイスですが、今では北アフリカやイタリアが主な生産地のモクセイ科の植物です。数メートル程度に育つ潅木です。正式名称はJasminum officinale(J.grandiflorum)です。ちょっと古いのですが、昔の杏里の歌に「オリビアを聴きながら」と言うのがあって、その2番の冒頭に「ジャスミンティーは〜♪」というのもあり、柔らかいやさしい印象が強いですね。

エッセンシャルオイルはジャスミンを含めて現在、世界中で100種類以上が流通しています。その中でアロマセラピーに用いられるものは、それぞれ取り扱い注意の分類がなされています。

やさしい名前の響きで、しかもほんわかしたフローラル系に分類されているジャスミンですが、実はアレルギーを起こしやすい、かなり強い香りのエッセンシャルオイルであるなど、どちらかと言えば取り扱い注意の群に入ります。

ジャスミンの花の香りもそうですが、ジャスミンエッセンシャルオイルの香りはかなり個性的で甘く、エキゾチックで強烈にその存在を主張する強いものです。ですから主に感情に作用し、疲れた心を癒してくれて、抗うつ作用があることでも知られています。

ジャスミンエッセンシャルオイルのはっきりとした、甘くてエキゾチックな香りの持つもう一つの効果は大体予想通りです、性的なポテンシャルを高めることにあります。昔からインドなどでは媚薬の主成分でしたし、男性の場合、ED(インポテンツ)の治療にもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的らしいです。

ジャスミンエッセンシャルオイルには媚薬や鎮静剤としての効果のほかにも子宮の収縮を促進してくれるので、分娩の時には効果的です。乳汁分泌やホルモン分泌調整効果もあるのですが、逆に妊娠中は危険ですので使わないでくださいね。流産や早産の引き金になりかねません。

| Comment(0) | TrackBack(0) | イチオシ情報局 TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。