イチオシ情報局, 家で映画

家で映画

「自宅を持ったら絶対にホームシアターを作りたい」という人は多いでしょう。

いつの時代でも映画やコンサートというのは、他では味わえない感動を与えてくれるものですが、ホームシアターセットがあれば自宅というプライベートな空間でそれを再現できます。

ホームシアターセットで映画の世界に入り込んだような迫力を楽しむには、大画面のテレビかスクリーン+プロジェクター、ドルビーデジタル5.1ch以上に対応の音響設備、そしてDVDプレーヤーが必要になります。

映像機器を選ぶポイントですが、ホームシアター専用の部屋を用意できるのならプロジェクター、リビングで通常のテレビ番組も見るのなら大画面テレビという選び方が一般的です。

ホームシアターの音響で使われるサラウンドシステムとは、名前からもわかる通り視聴者を取り囲むように音を出してリアルさや迫力を演出するものです。

ドルビーシステムというのは、ドルビー研究所が開発した音声の圧縮方式のひとつでフロントのL、C、R3chに加え、サラウンドチャンネルもL、R独立してステレオになっているのに加えて、重低音専用のLFEと呼ばれる0.1ch分も設けられています。

では、ホームシアターセットを導入するのに失敗しないためにはどのような点に気をつければ良いのでしょうか?

はじめにプロジェクターを使用する場合ですが、 視聴エリアの広さで選ぶなら断然天吊りが優れています。本体の真下でも前でも遮るものがないので、プロジェクターの存在すら意識しなくてもすみます。ただ、設置や調整には手間がかかりますね。

そして、スピーカーの設置ですがサブウーファーから発せられるLFE成分はエネルギーが強いので、サブウーファー自体ががたつかないように設置します。ポイントは、壁面とユニットの放射軸が平行にならないように設置することです。

少ない予算で気軽に楽しみたいのなら、アンプやスピーカーを別々に買うよりも「ホームシアターセット」の方が格安ですし、設定もラクです。

購入する機種が決まっているようならネット家電は安いので良いかもしれません。ただオークションはちょっとリスクもあるので気をつけてください。

最近はオンラインのDVDレンタルも増えていますので、より気軽に自宅で映画を楽しめるようになりましたね。ホームシアターセットを手に入れたら、ぜひ試してみてください。

| Comment(0) | TrackBack(0) | イチオシ情報局 TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。