イチオシ情報局, MYネイルスカルプチャー

MYネイルスカルプチャー

ネイルスカルプチャー、ネイルスカルプとか、さらに短くスカルプと言ったりしますが、これは爪に貼ったフォームというシート状の土台の上にアクリルやジェルなどを使って自分の爪の上にそれよりも長い付け爪を直接造型することです。

最近ではネイルスカルプチャーと言えばほとんどの場合はアクリルネイルを指します。つまりアクリルパウダーとアクリルリキッドで形作ることで、これがネイルサロンで作るネイルスカルプチャーの主流となっています。ジェルの場合はジェルネイルと呼ばれることが多いですね。

アクリルネイルにしろジェルネイルスカルプチャーにしろ、どちらにしても土台は自分の爪ですから、一度作ったらはがすには溶かすか削るしかありません。ネイルチップのように簡単に着けたり取ったりはできませんのでご注意ください。

ネイルスカルプチャーは市販のネイルチップに比べて持続性があり、美しい爪が作れること、そしてそれが自然な感じがしてフォームが綺麗に見えるので人気があります。

ネイルチップはプラスチック製で安いし着脱も容易ですが、それは言い換えると簡単に取れてしまうし、爪の形が個性的な人にはネイルチップは向いていません。ネイルスカルプチャーの方が断然お勧めです。

ですから、もともと爪の形が悪かったり、長い爪を好んだりする方には、自分の爪に合わせて自分の希望通りにフォームを自由に作れることや強度が強いことから、ネイルスカルプチャーは便利です。

ネイルスカルプチャーのほとんどいい点ばかり書いてしまいましたが、ネイルスカルプチャーにも当然ながら欠点はあります。最大の問題はネイルサロンで作ってもらうとアクリルネイルスカルプチャーにしろジェルネイルスカルプチャーにしろ、けっこう高くつくということです。

ネイルスカルプチャーはネイルサロンで作ると高いのですが、慣れれば自分で作ることもできますし、自宅用ネイルスカルプチャーキットも売られていますので、安くあげることはできます。器用な人は楽しいかもしれません。でも、きちんとした教育を受けたネイリストのいるネイルサロンでまずはよく指導してもらってください。

ネイルスカルプチャーはもちろん成長するわけではありません。ネイルスカルプチャーを作って2週間もすると自分の爪がかなり伸びてきて、段差が目立つので、まめなリペアーが必要です。さぼっているとカビが生えたりします。また、取るには溶かすしかありませんので地爪へのダメージもあります。

ネイルスカルプチャーの素材としてはジェルネイルが、柔らかさや扱いやすさで優れています。ネイルチップよりははるかに綺麗でじょうぶです。これはフォームの上にジェルを塗って紫外線で硬化させるものです。ジェルネイルスカルプチャーはしかし、長いものを作るのは少し難しいです。

最近ネイルサロンでネイルスカルプチャーといえばアクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜて作るネイルスカルプチャーです。アクリルネイル作成のときはジェルネイルと異なり、ある程度の時間で、アクリルが硬化してしまうため、形を作るのにはタイムリミットがありますが、ジェルネイルよりも丈夫で長い爪が作りやすいです。

ネイルスカルプチャーはあなたの指先を美しく引き立ててくれますが、本当の爪ではありません。ご自身の仕事など、使用状況をよく考えて、ジェルかアクリルか選んでくださいね。最近はカルジェルがカビの生えにくい、そして扱いやすいジェルタイプとして人気です。でも、どれを選ぶにしても、ネイルチップとは違って少し予算やお手入れの手間はかかりますから、よく考えてあなたのネイルスカルプチャーを選んでください。

| Comment(0) | TrackBack(0) | イチオシ情報局 TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。