イチオシ情報局, ワンセグチューナー選び

ワンセグチューナー選び

ワンセグチューナーはさまざまな種類がショップに積まれています。2006年のワンセグ開始後半年ぐらいたって発売されたワンセグチューナーから火がつきました。

ワンセグチューナーとはどういうものかではご存知でしょうか?それで何が出来るのか、テレビが見れるみたいだけど、これまでのチューナーと何が違うのでしょうか?

ワンセグチューナーが受信できるのは普通のアナログ放送ではなくてデジタル放送、それも地上波です。日本の地上デジタル放送は13セグメントに分かれています。普通のテレビ番組は4セグメントを使って、ハイビジョンは12セグメントを使って放送されています。

このうちのワンセグメントを携帯電話やモバイル向け専用に使うのがワンセグ放送というわけで、2006年4月に放送開始しました。これをデジタル放送協会側で、ワンセグと名づけたのです。

ワンセグ放送で送受信するのは通常のデジタルテレビ放送の1/4の情報量ですから、ワンセグ放送の画質は落ちますが、逆を言えばその小ささが幸いして低スペックの機器で受信できると言う利点が有ります。

ワンセグチューナーとして2007年5月現在、ネットを騒がせているものは2003年ぐらいの旧式のパソコンに装着してワンセグ放送を見ることが出来るタイプのワンセグチューナーです。USB接続スロットなどにさすだけの簡単なものでデジタル放送が見られるのですから、人気は出ますよね。

ワンセグチューナーのメーカーはパソコンの部品と言いながら、シャープやソニーやNECと行ったパソコンメーカーではなく、いささかマイナーなバッファロー、アイ・オー・データ、エルザ、(-.^)ピクセラ、グリーンハウス、などなどのパソコン周辺機器の専門メーカーで、いずこも久々のヒット商品なので力を入れています。

パソコン用のワンセグチューナーは接続方式で3種類に分けられるのですが、ワンセグチューナーの中で最近の主流で有り、人気も種類も多いワンセグチューナーがUSB接続型です。

ワンセグチューナーのUSBのほかの接続型はカードスロットタイプでPCカードスロットへの挿入型のワンセグチューナーと最近開発されたSDカードの拡張規格であるSDIOメモリーカード規格のワンセグチューナーなどです。スロット内に差し込めるのでモバイルで使うのにはUSBワンセグチューナーよりも安心ですね。

ワンセグチューナーの現在の売れ線であるUSB接続型ワンセグチューナーの中で何を選ぶべきかと言うと、そうですね、やはりバッファローの「ちょいテレ DH-ONE/U2P」という商品が火付け役でスタンダードですから今でも注目すべきです。この商品では外付けアンテナなど付属品が豊富で、iEPG(インターネットの電子番組表)を使った録画予約やデータ放送への対応など、機能面も充実しています。

ワンセグチューナー選びのポイントの一つは、いかに受信するまで速やかにセットできるかですね。日本中を移動するあなたなら地域地域で受信局を変える必要がありますが、それがすでにセットされている地域別プリセット設定のあるワンセグチューナーが便利です。

ワンセグチューナーに付属しているソフトウェアもワンセグチューナー選びでは忘れてはならない大事なポイントです。個人的にはアイ・オー・データのソフトがお勧めですが、基本は理解しやすいこと、日本語での表示に対応しているところなどがポイントだと思います。

| Comment(0) | TrackBack(1) | イチオシ情報局 TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-11 04:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。