イチオシ情報局, 国連英検試験

国連英検試験

国連英検という英検制度をあなたはご存知ですか?まったく知らないという方は今でも案外多いのですが、この国際連合主催の英語能力検定試験の受験者が今じわじわ増えています。国連英検は国際連合(the United Nations (略 UN))がその理念に基づいて国際人を増やすために、日本では1981年から始めた英会話普及活動です。

国連英検は国連の視点から実施されますので、国連英検で扱われる題材は世界情勢や時事問題などが多くなりますし、単語も普通のテストではそれほど多くない国際政治や紛争に関わる英単語が多いなど、やや偏ります。

国連英検を効率よく受験するためにとりあえず日本語ででも国際的な出来事を勉強することが、国際連合の活動や役割を理解することにつながります。もちろん国連英検受験のために新聞やニュースの国際面で世界に関心を持つことはあなた自身を英語だけでなくレベルアップさせる良いきっかけにもなります。

国連英検はまた、当然ながら英語力検定で、しかも国際的な意思の疎通能力検定が目的です。読む・書く・話す・聞くの総合的な英語力が試され、作文・面接で「自分の意見を相手に伝える力」が求められます。

国連英検について、なんだか怖気づきましたか?心配要りません。国連英検には様々なランクがあります。実際にはどのような検定ランク、資格があり、どのような英語検定試験が行われるかについて見てみましょう。国連英検にはジュニアテストもありますが、この記事では省かせていただきます。

国連英語検定試験の受験クラスでは基本的には他の英語検定試験と同様に「英語能力に応じた」クラス分けがなされています。決して国際的知識によるクラス分けではありません。国連英検には一番難しい特A級から一番簡単なE級まで、一応、6クラスの英語レベル分類となります。

国連英検で一番簡単なE級は敷居が低いので、ふつうに高校生活を送れた人なら誰でも合格できます。中学生レベルの英語力があれば合格できます。親切にも高校以上のレベルの内容の英語には日本語の注釈が付きます。国連英検E級とほぼ同じ感じで、D級が国連英検高校2年生レベル、国連英検C級が高卒、というよりも大学受験レベルということです。

国連の望む国際人としての国連英検レベルはB級、日常生活や会話が問題なくできるレベル以上ということでしょう。英検で言えば準1級ぐらいでしょうか?B級は大学によっては英語の履修単位で認めてくれるところもあります。

国連英検のE級からB級まで見てきましたが、実は国連英検のこの上のクラス、最後の二つ特A級とA級は、ここだけは専門の受験スクールも成り立つぐらい、さらに特A級とA級向けの本がいくつも出ているぐらい、英検といっても特殊なものになります。国際問題の解決のために、英字新聞やニュースを見て理解して、それをまとめるためにはどうしたらいいか自分の頭で考える力、国際的な常識やマナーも要求されます。

国連英検A級は高い英語理解能力も要求されますが、英語で議論したりまとめたりする能力が必要です。国連英検A級では外国人と日常の身辺の出来事、時事問題などに関して、個人的に、また小グループで討議できる英会話力も必要になってきます。

国連英検特A級になると、もう、日本での英検では最高レベルでしょうね。普通に難しい英検1級レベルの英語能力にプラスして特A級には国際人の素養が要求されます。特A級では、具体的には、さまざまな国籍の外国人と文化、経済、政治等の多くの分野の問題について、英語で自由に討論できる能力があること、および常識、マナー、判断力などの点で真に国際人と呼ぶに相応しい水準に達していることが特A級の審査基準です。

国連英検試験はこのように最高峰は難しいのですが、それだけに英語検定試験の中でも一目おかれる存在で、就職や受験に有利な資格でもあります。レベルに応じて、できればB級まではとっておくことをお勧めします。英語の勉強には海外一人旅

| Comment(0) | TrackBack(1) | イチオシ情報局 TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-10 19:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。