イチオシ情報局, 風水の効果

風水の効果

風水インテリアという耳慣れない言葉がドクターコパとともにワイドショーでお茶の間を席巻したのはここ5年ぐらいのことでしょうか、今でも人気は衰えません。

風水インテリアは風水術にしたがって家具や間取りの配置を工夫することでよい運勢を作り出すものですが、そもそも風水とは何でしょうか?

風水とは歴史を省みて国家や都市の栄枯盛衰を見たときに風水、つまり地形や方角に共通点を見出し、地勢や方角がその国や都市に及ぼす影響についてまとめた学問です。

風水は都市、それも王宮を抱える国家の首都となる都市を建設するために編み出された学問ですから、現代にあっても都市建設のためにこそ活用されるべきものですが、日本のどこにそれを新しく計画する場所が残っているでしょうか?

風水インテリアは狭い現代都市、香港や日本で暮らす人々の運気を、家や部屋単位で何とか改善しようという風水術の現代への応用方法なのです。

バイオリズムとか、運気とか、そういったその人個人のリズムに関する考え方があることをご存知でしょうか?運気のリズムは人それぞれで異なるのですが、その運気は生活している環境で大きく左右されます。それを部屋単位で整えるのが風水インテリアというわけです。

風水インテリアは風水にしたがって進められますから、まずは風水の基本の考え方について知っておいた方が風水インテリア配置の意味を自分でも理解できるのでよいと思います。

風水インテリアで家具の配置を決めるときには、家具の特性に従ってそれを行う必要があります。五行とは世界の抗生物質をすべて五つの種類に分けて考えるもので、それぞれの特性別に家具を分類するのが風水インテリアの基本です。

風水インテリアの五行にしたがって目に見える範囲の家具やカーテンなどを配置換えするのですが、それだけでなく、不用品の処分や配置も大事です。不用品を物置等にしまっておくだけでも気の流れが乱れたりもします。

風水インテリアは怪しすぎるとか、風水のことが気に食わない人の中に、その根拠がわからないからだめで、説明のつかないものは真実ではないという人がいます。五行の考え方の根拠は何だといわれても、これは経験を分析したもので、理屈は後付でしかないのが実際ですが、方角や四季の変化、家族構成に応じて変化する風水インテリアの概念、捨てたものではありません。

風水の元となる地形や方位の考え方でまず家の配置を把握し、風水インテリアの五行の考えに従ってインテリアを分類し、理屈はわからないけどまことしやかな法則に従っての家具や間取りの配置は実際、健康や気持ちの改善に効果的であることが知られています。

風水インテリアが心理状態に及ぼす効果も実は認められ始めています。心が前向きでよい状態を維持するのに最適な配置のようです。風水インテリアの効果を引き出すためにも、あなた自身が前向きでいてくださいね。

| Comment(0) | TrackBack(0) | イチオシ情報局 TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。