イチオシ情報局, 郵便局学資保険

郵便局学資保険

郵便局の学資保険がこども保険(学資保険)の中ではもっとも有名だと思います。若い両親よりも年配の祖父母からの勧めもあり、郵便局の学資保険を子供が小さい頃から検討されるご夫婦も多いでしょう。

学資保険というと郵便局の学資保険から検討されることになると思いますが、実際には様々な学資保険がさまざまな保険会社から売り出されています。アフラックやソニー生命、住友生命などそれぞれ個性を打ち出しています。

郵便局学資保険やアフラックこども保険といった様々な商品のどれがいいのか、我が家の財政や計画に向いているのか。知るにはまず、こども保険に何を期待するかをあなた自身が決める必要があります。

郵便局の学資保険のネームバリューで子供保険とは子供の学資をコツコツ貯蓄するものだというイメージができていますが、学資の貯蓄だけなら保険より預金がいいのは当たり前です。

子供保険の方が預金より優れている点は、病気や怪我、不幸にしてお父さんやお子さんがなくなったりした、そういったもしものときに必要なお金が支払ってもらえることですね。

郵便局の学資保険では名称どおりに、進学の際に15歳、18歳などで一時金が支払われるようになっています。それで満期の積み立て額が少なくなるわけですが、入学時のもの入りには助かりますよね。

なんとなく学資保険の意味が見えてきましたか?さて、では実際に、具体的にはあなたの家ではお子さんのためにどんなこども保険を選ぶのがよいのでしょうか?学資保険商品を比較して選択するにはあなた自身が学資保険で受けられるサービスの中で最優先項目から順位付けをする必要があります。

こども保険に対してあくまでも満期時に戻ってくる額が多いことを優先するのか、それとも学資保険としての一時金を優先するのか、それとも保険としてもしもの保証に重点を置くのか。

学資保険に子供の将来のために最終的に返ってくるお金を充てる、貯蓄性をもっとも優先するのであれば、最終的な支払額と返還額をきちんと計算して少しでも得するもの選ぶことと、入学時の一時支払い金を小さくすることなどが考えられますね。

貯蓄性の点では郵便局の学資保険はこども保険の中では高くない方です。あくまでも保険として、あるいは進学時の一時金のための普通預金のつもりでいてください。

保険として考えた場合は郵便局の学資保険は子供が安く入れる生命保険として悪くないのですが、注意点をひとつあげておきますと、お父さん(保護者)の保険に子供の事故や病気の保障も含まれているのであれば、そちらからの支払い対応で事足りる部分は資料をよく読んで削ることができるのであれば削りましょう。二重にはもらえなかったりします。

郵便局学資保険や様々な生命保険会社から出ている同様のこども保険はあくまでもこどものための生命保険であることを忘れないでください。生命保険会社は慈善事業ではありません。保険会社側が黒字であるためには、子供保険の貯蓄性は多少犠牲になります。その中でどれがいいのかは生命保険会社の資料を手に入れて比較するのが一番の早道です。

| Comment(0) | TrackBack(0) | イチオシ情報局 TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。