イチオシ情報局, 商工ローンの審査

商工ローンの審査

商工ローンというと、悪いイメージを持っている人もいるようですが、実際にはどのようなローンなのでしょうか?

商工ローンというのは、貸金業者が、自営業者や中小規模の事業者を対象に行う小口・短期ローンのことをいいます。

商工ローンというと、厳しい取立てや高金利という悪いイメージがあるため、2000年6月の出資法改定を機に「ビジネスローン」という商品名でイメージ回復に努めている業者が多くなっています。

商工ローンの審査は融資審査が銀行などに比べて甘い傾向にあり、融資実施までの期間が短いのも特徴です。

銀行では土地や建物を担保にしますが、商工ローンでは担保を取る代わりに連帯保証人を複数つけることで融資を行なっています。

商工ローンというと、無担保融資が基本ですが、不動産、商業手形、株券、小切手割引、ゴルフ会員権担保などを担保にした融資も行ないます。

商工ローンの保証契約は根保証といって、過去および将来の債務を保証人がすべて保証するというもので、他の貸付に比べて保証人の責任が極めて大きくなっています。

また、金利の高さも問題になりますが、商工ローンの多くが採用している15〜29%台のグレーゾーン金利について、裁判所は債務者に有利な方向で解釈する傾向があります。

当然ながら、長期になるほど金利リスクは大きくなります。商工ローンを利用する際は、急な資金繰りや一時的な運転資金など短期での返済期間を設定して活用しましょう。

商工ローンは店舗に行くこともなく申し込みができるので、誰にも知らせることなく手続きができます。申し込み後のやり取りは電話やファックスで行ないますが、電話や書類の郵送はすべて個人名で行なわれます。

正式な契約時の必要書類としては、身分証明書(運転免許証、健康保険証)、収入証明書(決算書又は確定申告書)、住民票、印鑑証明書・実印などになります。

商工ローンを利用する際には、悪徳業者にひっかからないようにしましょう。広告やチラシに090から始まる電話番号やフリーダイヤルしか無いようだと要注意です。

| Comment(1) | TrackBack(0) | イチオシ情報局 TOPへ
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。