イチオシ情報局, 多汗症は汗の分泌量が多い状態

多汗症は汗の分泌量が多い状態

多汗症は本人が自覚しない場合も少なくありません。多汗症は汗の分泌量が多い状態のことを指しますが、原因は別として、症状から二つのタイプに分かれます。

多汗症のひとつは、どこからというわけではなく、全身から汗をいっぱいかいてしまうという全身型の多汗症です。

全身型の多汗症といいながら、多汗症と思っている人がすべて病気かというとそうではありません。たとえば冬場に暖房の効いた電車に乗ると汗だくになるというあなた、それはレスポンスがいいだけで病気とは思わなくてよいです。

多汗症で肥満の方や、精神的な緊張のときにその症状がある方は、ダイエットや、場数を踏んで慣らすというのがいいでしょう。多汗症の外科的治療を受けなくてもいいと思います。

最近寝汗がひどくてだんだん体重が落ちてきた、という場合、これはほったらかしではいけません。単なる多汗症というよりは生活習慣病やガン、ひょっとしたらHIV感染にもについて注意してください。

HIVにしろ、がんにしろ、早めに手を打てば長く付き合っていける病気です。多汗症といいながら、寝汗は他の病気を体が知らせてくれる保険のサインだと思って、生活習慣病や悪性疾患などにも気を配ってくださいね。

多汗症の局所的なものは手のひら、顔、背中、胸、あるいはわきの下などきわめて限定的に起こります。

時には複数の箇所です。

胸の部分の多汗症の方はたいてい顔、首なども汗をかきやすいのですが、そのときに動悸が気になる方も多いものです。

汗はもともと心の動きに連動して産生量が変化しますから、こういう場合、仕事のストレスを取り除いたり、マイナートランキライザーで内服治療することで多汗症が治ったりします。

もしも運悪くダイエットや精神療法で多汗症を治せなかったときには、多汗症治療で身体の機能を対象にした根本的な治療として保険外診療になりますが、外科手術ということも考慮してみてください。

多汗症治療にはしわとりに効果的なボトックス注射も効果的です。これにより、数ヶ月間は汗が出にくくなります。

多汗症の治療は他の病名が付かないといささか治療対象としては難しくなります。美容外科での手術はもともと保険外診療になりますが、ワキガの治療ということで汗腺を摘出することで多汗症も治療できます。美容外科でワキガ治療の有名なところを探してみてください。

| Comment(1) | TrackBack(1) | イチオシ情報局 TOPへ
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

チェリー脱出!!!
Excerpt: とうとう俺もチェリーコンプレックス脱出!
Weblog: はやしだ
Tracked: 2007-07-10 16:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。